スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
エドウィン ルフェーブル
東洋経済新報社
売り上げランキング: 44001
おすすめ度の平均: 4.0
5 本質を理解するならこちら
5 傑作。
4 投機の教科書として、エンタテーイメントとして、
4 いいですね。これ。
5 皆さんと違う意見です。


伝説の投機師ジェシー・リバモアの伝記として書かれた本です。
自伝はまた別の本になっています。
リバモアについてはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B7%...を参考にしてくださればいいです。

「マーケットの魔術師」などでも大半のトップトレーダーが必読書として挙げています。

すばらしかったです。
読み物としてすばらしく、ヘタに手法が書いてあるよりもいい。
相場自体は人間が参加するもので、リバモアが生きた100年前となんら変わりがないこと、相場に対してどのような心理で対応すればよいのか、など色々なヒントがもらえる本です。

他のリバモア関連書籍はあと2冊あり、こちらも購入して読んでいるところです。
孤高の相場師リバモア流投機術―大恐慌を売り切った増し玉の極意 (PanRolling Library 6)
ジェシー・ローリストン・リバモア
パンローリング
売り上げランキング: 3534
おすすめ度の平均: 3.0
1 この作品はいまいち
1 書籍代分の内容。
3 株初級者にはわかりにくい
3 「How to Trade In Stocks」の翻訳本
5 リバモアの唯一の著作


世紀の相場師ジェシー・リバモア (海外シリーズ)
リチャード スミッテン
角川書店
売り上げランキング: 8008
おすすめ度の平均: 4.5
5 祝、緊急増刷
5 ようやく復刊されましたね
5 プレミア値がついていますが
2 村上龍がルフェーブルの本のタイトルをああしたのは、この本を読んだからでは?
5 たまげた!

スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

えぬ

Author:えぬ
えぬ

2007年7月4日 資金50万で株開始
2008年1月から100万に増資し現在に至る

カブトモネット(http://kabutomo.net/)にて
「えぬ」という名前で日記とかかいてまーす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
よくみるにっき
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。